「※ 御報 ※」
貴方ん「フラウサ、携帶」「弘告不效化」に關爲る「擴張機能、アフリ」動作爲とるし、記事表示爲る事出來爲ん。
「フラウサ(クウクル、インタアネツト衣クスフロオラア)、携帶(アフリ管理)」とかん設定從「擴張機能、アフリ」不效化爲て再讀込爲たら覧れるえ (´・ω・`)
Veuillez desactiver votre bloqueur de publicite XD.

Script_B: document.write(''); - Anti AdBlock Plus - - Block AdBlock -

~ 「自力て綺麗ん爲る方法」 と 「其他」 ~

本質突いた方法御爲為はつたら、 「今、 此瞬閒」 因りヤ希と好う爲らはる筈。 「美容、 倭言葉、 亰(都)談(話)、 佛言葉、 御人ン種、 物ノ察方」 ん就いて、 本音て書いて申ふ。 「(少なし)簡略日本語(略字略仮名遣い)、 ”旧”標準語 / (多し)傳統倭言葉(歷漢歷假名遣)、 亰談」 ※ 此電板 「畫面解像度 千二百九十 × 九百六十」 已上位且 「電視器廓大率 百七十」 已上位やと、 文字サラ〳〵爲すん本文も恰度懿う收り申つせへ。

~ 「御目ノ色」 明う爲す方法 ~

此処(コヽ)の記事が 『ん?、 何て書いて在(ア)んの?。』 って思ったら、 此方(コッチ)を見れば、

読める(ヨウ)ん成(ナ)る筈(ハズ)

 

Bonsoir :)

 

前ん讀物ー☞「より早う御骨前ん出す方法」

 

(☟御目色明い倭樣(ヤマトハン)※筆者違ふえ

f:id:MitameGaSubete:20160126052819j:plain

 

何ちふ事(コツ)や、此ん事書ける樣爲る云ふん思はへんた。

 

『皆(ミンナ)、 家(ウチ)綴書く 「前提」 知つてる。』

「初めん」 御讀爲はつた御人(オシト)成ら知つてる思ふけと、

 

『然樣(サヤウ)、 「效果御在遊(ヤ)た方法

(ノミ)」 』。 詰リ旣(モウ)

 

「御目色黑おほ↷、あゝ、 今日も復(マタ)色コン着けんとなは、、、。」

 

云ふ事(コツ)て、 惱む必要在ら爲んえ↺。

 

(ナン)テか言うたんな、

「粗(ホヽ)黑 ↬ 誰れ視た斯(カ)て、黑さ雜つて爲ん暗んな荼」

ん爲しれた然故(サ/ハ カイ)

 

此ん方法、「2ch」 や毋(ナ)い電網(テンマウ)(=ネツト)

の揭示板て見付けた。

 

元ん電板(テンハン)(=サイト/フロク)(ミ)たかつたら、

「目の色 変える - クウクル檢索」

云ふん打込んて從(カン)に、 (コマ)う探したら

何處かん在る筈。

 

(ホ)んて早速其ん方法なんやけとな、

其ん揭示板にな、

 

『御目冷こい物て長(ナカ)う冷す』

 

云うてな、 御載爲はつて遊したわ。

 

唯殘念(サンナイ)な事んな、 當てる長然」

(ツ)いちやあな、 詳しや御書爲はつて爲んたわいな。

 

其んて家ん場合、 手頃な「百均樣て賣つてる保冷劑」 使たえ。

 

一日ん何處て、 「卅分從(カラ)一時位」 目安ん爲て察(ミ)た*ね(=のよ)

 

「ありやゝゝ、 幾(イ)ツもヨリ何と毋しん明いひ」

 

云ふん感始めたん、 三日目頃從やつかな。

 

其れと試す時も、 「イカん效果上けるか」 

考へつたら、「御風爐上とかの、 御膚(オハタ)柔也(ヤハナリ)に爲つた爲(ハ)る時ん冷す」 に落着いたわ。

 

此ら假說やけと、 御目冷す事て內側ん組織變んにやつたら、 御目に因り

『イヤツ、 冷たいわは、 貴方何爲てんね』

云うん感爲した方宜(エ)え惟(オモ)た然故。

 

其ん從、『んゝ、 何か色違ふん〳〵』

云ふん感始めて來たん、 大體二週閒目位ん

フと姿視々た時。

 

御人の眼面(虹彩)明い處(トコ)ん方、 明う察江る。 

 

唯、 闇んな處て察た斯て、 昞ラカん「荼色」や仍(ヨツ)テん 『御目色、 絶對に御變爲つて遊ふわは』思うたんちやわな。

 

後、 『NAVER まとめ』 てもな、 綴創つて見たえへ☟。 (色々(イロン)な電網ん報(シラセ)(ナン)纏めた爲る電板樣。)

 

其んて、 荼色ん爲つた今も每日必ス冷してるけと、 トン〳〵明う爲つた爲る氣(キイ)爲んにやわ。

 

御人ん虹彩色、 色」 ん三つ色從成つてる然。

 

其や然故ん、 若し此ん儘(マンマ)色明(アコ)爲讀け爲つたら、(淡褐色)、琥珀(信號)色」 とか越江*以(モ(ツ))(=乍(ナカ)ら) ”家ん場合“やと、大方 「色」 邊ん爲る樣な氣爲るかなは。

 

(コレ)書いてる今斯て明い處御目で察たら、

本眞些(チヨウ)やけと、 ん中ん薄う色入つた爲る樣な氣爲るね。

 

「家ん場合」書いたん、 御人にヨツテ「三つ色ん割合」違ふ仍てなは。

 

然やし、 爲讀け爲つた斯て色とかん御爲り爲はるか、 讀けなんたら判らん。

 

『皆も好味ん御色變ら爲る迄讀けて察たら、 面白(オモロ)いかもなは。』

 

追記 - 彼れ從冷讀けてゝ 「結構薄い」 ん爲んにやけと、 (ヤ)めると、 復(マタ) 「闇い色(闇かれと慥(タシカ)色)」 へ戾り居んの繰返しとるわいひ(苛)。

 

體質に因んのかも判らんけと、 家やあ此ん方法て 「黑 ↬ 明毋き」 限畍やつたわいなは、、()。

 

此迄に色々に在る方法を此方(コナタ)へ書き連ぬりて來た來在れとも、 實際の處は讀かぬ在りた成れは、 意味等は何も在らす在る如(コト)し也(ナリ) 

 

Salut :)

※ 著作權に就いて※ 「內容 = 私、 画畫 = 引用元樣」。 「アマソン」へん繫、 「アマゾンアソシエイトフロクラム」使ひ。 又、 「樂天市場」へん繫 「樂天アフィリエイト」 使ひ。