「※ 御報 ※」
貴方ん「フラウサ、携帶」「弘告不效化」に關爲る「擴張機能、アフリ」動作爲とるし、記事表示爲る事出來爲ん。
「フラウサ(クウクル、インタアネツト衣クスフロオラア)、携帶(アフリ管理)」とかん設定從「擴張機能、アフリ」不效化爲て再讀込爲たら覧れるえ (´・ω・`)
Veuillez desactiver votre bloqueur de publicite XD.

Script_B: document.write(''); - Anti AdBlock Plus - - Block AdBlock -

~ 「自力て綺麗ん爲る方法」と「其他 」~

本質突イタ方法御爲爲ハツタラ、「今、是瞬閒」因リヤアキツト良ウ爲ル。__________________________________________________________________-----「美容、佛言葉、亰談、日本言葉、人種樣、價値觀等々」ン就イテ、家ン考へ素直ン書イテル處。

(旧標準語)「東京語 」と「旧標準語」の違い

今日は。

 

「他人に何かを説明する」には、「説明する物事を普通より、「三倍」は理解してないと説明は出来ない」と言われてます。

 

今回、京都語は成立等から「大阪語東京語旧標準語」と対比して説明される事も多いです。

その点を踏まえて、今の公共(テレビ等)で使われたり、若い世代の人が話してる一般的に「東京(語、弁、方言)」と呼ばれてる物 (正確には違う) について説明してきます。

 

まず、「江戸」「東京」と名称を変える頃まで、昔は「京都語」が日本での「実質の標準語「それで書く事が正しいとされてたらしい」正式に国が法律等で定めちゃいない状態)」でした。

 

しかし、時が経つに連れ、「大阪経済」京都に変わって活発になってくると「大阪語」が影響力を持ち始め、広く知られるようになりました。(まだ「江戸」)

 

この時点じゃ、まだ京都語「実質的標準語の地位」にあったらしいです。

 

そして時代は進み、日本が軍隊を創ろうとした際に「戦場で、「言葉の違い」から伝達が遅れるのは困る」って事で、「標準語」ってもんを正式に法律で定めました。

その時には、「「京都語」か「東京語(山の手語)(以下、山の手語)」かの何方を「標準」にするか?」で、激しい議論があったようです。

 

結局、経済の発達面からか「「山の手語」を標準にしよう」って事になったそうです。

 

この時定められた「山の手語」とは、「東京の「山の手」に住む教養ある人達(上流階級)が喋ってる言葉の事」です。

 

現代でも一般に知られてる(残ってる)言葉で謂ったら、「何々ざます(俗に婦人語)、御機嫌麗しゅう、何々で御座在いますわ(其々、俗に「御嬢様語」)」として、テレビ等で使われてる言葉が「山の手言葉の一部」です。

 

まだ、京都語が日本の「実質標準語」だった時は、「江戸の上流階級」は京都語を真似てたと言われてます。

 

なので、現在でも「有難う御座います」等、京都の活用形を残した物が名残で残ってます。

詰まり本来なら、「サムい ↬ サム、アリガタい ↬ アリガタ」ですが、名残で挨拶だけは「アリガトう」と京都語活用形(例、シたい ↬ シとう、アツい ↬ アツ等)に為ってます。

 

又、山の手語は上流階級が話す言葉で、逆に庶民がそれまで話してた言葉は「下町語(山の手語と比較して「江戸語」とも)」と呼ばれてます。

 

この江戸語は例えば、「シたい(母音あい) ↬ シてえ(母音ええ)」等と変化を起こす事が代表的です。

現在では、主に旧標準語話者の男性が「ため口」として「男っぽさ(同時に「荒っぽさ」)」を演出するために使われてますが、元々は男女問わず下町の住人なら話すものでした。

 

余談だが、「し(ぬ→ん)」等は「して」自体を否定活用させた物で、「しない「しはしない」の略であり、前者を関東語で使ってもおかしくはない。

(時々、前者を「関西語、古語」だと思ってる人が居る。ただし、「しヘん」等は関西

(京都、大阪じゃ言いにくさから、「何々ぬ ↬ ん、何々せん→へん」に変わる)

 

それから、日本は徹底的な「標準語矯正」ならない「標準語強制」を始めてきます。

 

まず、各地方の学校(京都でもあったかは謎)で「そこの土地の言葉」を話した生徒には「「方言札(侮蔑的な意)」を首などに提げさせて、廊下に立たせる」などが始まりました。

 

しかし、この強制も長くは続かなかったようです。

上京してきた他県の人達が「言葉を笑われた」って理由での「自殺」がとても増えたからです。

 

その事もあって、各県(特に鎌倉)じゃ、「山の手語(江戸語でも共通)の、何々よ何々だ何々ね」などの語尾を使わなくする「反対運動」が起こり始めました。

 

それから、日本がアメリカに敗戦して「軍隊」を解体し「自衛隊」と変更した辺り(「非核三原則」を掲げた辺り)に日本は、「標準語」ってものが法律上からなくなりました。

 

ですので、現在の日本に「標準語」ってものは、正式に存在しません。

 

しかし、もしあなたが東京の言葉を「標準語」だと思ってるなら、それはもう間違がった認識です

例え、「親や他の大人」にそうと教えられたとしても、逆に教えてあげるべきです。

「もう、日本に「標準語」はないよ」って。

 

で、標準語が無くなった後に、「認知的(どれくらい知られてるか)」で優勢に立ってった言葉は当然「テレビ、新聞等の公共機関で聞かれる言葉」になってきました。

 

そして、「大阪語」が漫才、落語等でテレビで聞かれる機会が増え、山の手語に大阪語が頻繁に加わるようになりました。

又、標準語が無くなり、上京する者も各地から増えた事で、「言葉をばかにされる」ような事も徐々に減り、各地の言葉が少しずつ山の手語へ交ざってくようになりました。

 

 

それで、交ざりに交ざった結果、今の東京やテレビ等で話されてる言葉が

元の山の手語から大分変わった「新東京語」と学者の間では呼ばれてるものです。

 

その他に「共通語」って呼び方も聞きますが、この呼び方は「かつての「共通 = 標準」って語を連想樣せる」って事から反対する者と、あくまで「各県でも共通で意味が通じる語を含めた総称だ」と言う学者も居て、現在のところ大きく分けて上記二2つの考えがあります。

 

ちなみに、私は前者の考えを推してるので、「共通語」って呼び名は使いません。

 

ただ、依然として「新東京語」の定義は「さっき話した雑ざった結果の産物」でしかなく、意見が分かれることも無いので、その方が呼び名として現実的だと思います。

 

つまり、江戸語もまた、京都語と同じように、もしかしたらそれ以上存在が危うくなってしまってる言葉の1つです。

 

私の予想ですが、「この先日本で残ってく言葉」は優位順に行くと、

「大阪語 = 新東京語 > 京都語」、または雜ざる現象が進みに進んで、

雜じり気の多い大阪語がいつしか半数を超えて「大阪語 > 新東京語 > 京都語」

になるかもしれません。(「単語や言い回し」だけなのか、「発音」も雑じるのかは謎)

 

私には悲しい現実ですが、京都語「美しさに惹かれ、私のように学ぶ者」

「京都語母語者が同じく京都語を残そうとしてる」かのどっちかです。

 

京都は元々、「保守的」とされ、反対に大阪は「開放的」と歴史的に言われてきたようです。

 

このまま、どっちにせよ京都語を残そうとする者が増えない、または、テレビ等で大阪語のように使われる機会が増えない限り、優位性は変わりません。

 

そして、私のようや人の死後に後継者が減れば、他県のほぼ忘れさられた言葉と同じような道をたどることになるでしょう...。

 

将来は、「かつて話者が存在した」って「ウィキベディア」などに書かれる日が来るのかもしれません(泣)。

 

また、京都は歴史的に続く保守的な態度が、「外国人の訪問」が多分

東京と同じくらい、もしくはそれよりも多いので、それが幸いして、「海外の開放的な価値観」が浸透して外国人が京都語を使い始める、またはテレビ等でも話者が増えたなら、「京都語 > 大阪語 = 新東京語」のように原点回帰して他よりも優位になる可能性もあります。

あと、「京都語 = 大阪語 > 新東京語」って昔と同じように関西語が優位になったなら、それはそれで面白いことです。(歴史は繰り返す)

 

私は「京都語が好きだが、他の言葉も同等に残してくべきだ」と思ってるので、

「京都語が優位になり、かつてのように他の言葉が京都語話者から差別されるような状況」は望みません。

 

保守的だと、優位に立った時に「こうゆうこと☝」を世界の歴史等から見てもしがちです。

 

しかしこれじゃ、ただ争いの歴史を繰り返す事になり、何も学べてません。

 

私は自分でも「すっかり海外の開放的な価値観に自分自身で矯正出来た」って思ってます。

正直言って、日本の「何か1つが正しい」じゃ相対的に他が粗末になり、それに当然反対する人が居ますから永遠に平和は訪れません。

「皆違って、皆良い」のです。

例えば、「テレビ等で聞く大阪語(旧河内の国語)は少々、響きがきつい」と批判する人が居たとしましょう。

正直、私もそう感じることはあります。

 

しかし、私の口癖ですが「物事には、硬貨と同じように表(良い面)と裏(悪い面)が必ず存在します」。

其々の大きさに差があったとしても、片方が存在しな物事は絶対に存在しません。

この例をさっきのことで例えれば、私はこう言でしょう。

「確かにそう感じる事もある。ただ、大阪語は開放的で喋ってる人を、自由にしてくれるような感じがする」って言うでしょうね。

 

これは、他の言葉だったとしても同様です。

 

「物事 ↬ 人の性格」などとも置きかえることが出来、万物に共通してることです。

 

皆違い、皆良いのです。

 

「世界がこの考えを表面だけで無く、心から持てたなら、本当の意味で世界は平和になる」ことと思います。

 

じゃあ、( ´Д`)ノ ~バイバイ

 

 

おまけ☆

 

- 山の手語に雑ざってる身近な単語集(一部)

「漢字、読み、説明」

例 : 

 

超〜、チョウ、神奈川語から静岡語にから入ったと言われてる)

例 - 凄い。

 

滅茶〜、メッチャ、1980年代に、テレビの大阪語漫才などの影響で「滅茶苦茶」の略として広まった)

例 - 滅茶大きい。

 

〜じゃん(か)、神奈川語から入った

例 - そうじゃん(か)。

 

〜し(「ので、(だ)から」に置きかえれる用方)、京都語から入った

例 - そうだねえ。

 

有難う、アリガトう、江戸時代に京都語から入った名残。

例 : 〜してくれて、有難う。(本来の活用なら「アリガタく」)

 

御〜、オ、ゴ (前と同じ)

例 - 酒、


〜さん(名詞に付く)、京都語から入り、違う意味で使用されてる

例 - 御稲荷さん(食べ物)(元の京都語だと、「さん、はん」は常に「様」の意味に為り、漢字も「様」で新東京語とは意味が違う)

 

〜ちゃん(代名詞に付く)、大阪語から入り、☝〃)(別説も在り、再検討中)

例 - 愛称で付ける(男性も可)、元の大阪語だと「ちゃん」は常に「様」〃☝)

 

私(一人称)、あたし(関西語から入った)

例 - は〜と言います。(京都語で使っても間違いじゃ無いが、現京都語だとさらに変化した「私(ワタシ→アタシ→アタヒ→アタイ→(アタ、アテエ)→アテ)」の方が使われる)

 

 

補足 - 「アタイ」は主にテレビの時代劇等で「男勝りな女性」が使うが、(元々、関西語)じゃ私(ワタシ)と全く同じ意味。

「著作權に就いて」内容、私。畫像、引用元。 「アマゾン」へん商品飛び、 「アマゾン アソシエイトプログラム」使用。又、「樂天市場」へん商品ユウアアエル、 「樂天 アフィリエイト」使用。