「※ 知らへ ※」
貴方ん「ブラウザ、携帯」「広告無効化」に関する「拡張機能、アプリ」動作しとる為、記事表示為る事出来いひん。
「ブラウザ(Google, Internet Explorer)、携帯(アプリ管理)」とかん設定から「拡張機能、アプリ」無効化為て再読み込み為たら読めるえ (´・ω・`)
Veuillez desactiver votre bloqueur de publicite XD.

Script_B: document.write(''); - Anti AdBlock Plus - - Block AdBlock -

自力で綺麗ん爲る方法 + 其ん他

本質__突いた方法__御爲なはったら、「今、此ん瞬閒」因りゃ良う爲る XD _________________________________-----「美容、仏詞、京談、日本詞、人種、価値観..とか」について、うちん考へ__素直に書いてる御部屋樣

_____________________~ Http://MitameGaSubete.HatenaDiary.com ~__________________ __________________________________________________________________________________ 最近の變更 : 文法 (主に京談 (「動詞んう音便」について大幅に勘違 (かん(ちやい-かんちゃい)) 爲てた (泣) ) や、漢字ん閒違修正中。 (貮千十七年 參月貮十參日) ____________________________________________________________________________________________________________________ 「新東京言葉」と讀みん違(ちや-ちゃ)う漢字に讀假名__付中。___________________________________________________________________________________試験驗的變更 : 全てん表記__実際ん發音表示に變更中 (やっぱ辞めた) (貮千十七年 參月貮十參日) ___________________________________________________________________________________過去ん變更:サイト__試験狀態に移行。(11 / 03 / 2016) (追記 : 試験的變更採用) ---------------------------- 当サイト__、「廣告非表示」に關する物__「無効化」爲いひんと「閲覧制限」爲る仕樣え。(15 / 03 - 2016) __________________________________________________________________________________________________________________話そ__ !、書こ__ !、感じよ__ !、美しい京都ん日本詞 (京談) ! (多分、此__御見みやしてる多うん御 人樣(しとはん)__使てんの東京ん「新東京言詞」☆) -___________________________________________________________________________________ ※ 注意 ※ 記事中で表記爲れる漢字ん「讀假名」__実際ん發音で書いてるけど、表記規則__守ってるし使たかて閒違やない。(例 : 氣 (きい) ) (「表意文字」なんて、場處に因って「書文字、發音、讀」__違う) __________________________________________________________________________________________________變更中 : 京談や主に「接讀助詞、語尾等」抜いて話す事や書く事__多い。 (意味__通じん樣に爲って(仕)舞う物__抜けへん) 。東京詞でも或程度ん省略 _在るけど、馴染ん在らへん御人樣や理解爲辛う思うさかい、其ん場合__「例 : 彼處__行きたい」__云風に「__」__入れる事に爲る。 文字と文字ん閒に「__」__在ったなら、東京詞や余抜かん「何かん接讀詞、語尾等」__省略爲れてる__謂事 (此で、「其や (其ぢゃ)、其や__ (其だと) 」とか__因り分かり易__爲るえ~) 。______________________________________________________________________________________________________________________________________ 「國名、地域表示」__大陸なら「~ 州」、其ん他_「~ 國」。___________________________________________________________________________________________________________________________________________ 当サイト__基本的に「京談」やけど、「新東京詞」で書いてる記事__「新東京語」云うん題名に入れてる。____________________________________________________________________________________________________ 動詞とかん派生語ん漢字についちゃ、「其ん派生語ん意味で因り成立たん時丈、漢字表記」。「漢字趣ん御有り爲はる正字體に置換中。」「〃歴史的假名遣に變更中」

~ (新東京語) 「東京語 (江戸語) 」と「新東京語」の違い ~

今日は。

 

「他人に何かを説明為る」には、「説明為る物事を普通因り、「三倍」は理解為てないと説明は出来ない」と言われてます。

 

今日は、京都語は学ぶ時に成り立ち等から「大阪語東京語(江戸語)新東京語、」と対比して説明為れる事が多いです。

其の点を踏まえて、今の公共で使われたり、若い世代の人が話してる一般的に「東京語」と呼ばれてる物 (正確には違う) について説明為ます。

 

先ず、「江戸」「東京」と名称を変える頃迄、昔は「京都語」が日本での「実質の標準語「其れで書く事が正しいという圧力」現在に比べて可也強かったが、定められちゃない)」でした。

 

併し、時が経つに連れて、「大阪の経済」京都に変わって活発に為ると「大阪語」が広く知られる様に為ります。(まだ「江戸」)

 

此の時点では、まだ京都語「標準語の地位」に在ります。

 

時代は進み、日本が軍隊を作ろうと為た際に「戦場で、「言葉の違い」から伝達が遅れるのは困る」という事で、「標準語」という物を正式に定めました。

其の時には、「「京都語」か「東京語(山の手語)(以下、山の手語)」かの何方を「標準」にするか?」で、激しい議論が在った様です。

 

結局、経済の発達面から「山の手語を標準にしよう」という事に為ったそうです。

 

此の時定められた「山の手語」とは、「東京の「山の手」に住む教養有る人達(上流階級)が喋ってる言葉の事」です。

 

現代でも一般に知られてる(残ってる)言葉で言ったら、「~ ざます(婦人言葉)、御機嫌麗しゅう、~ でございますわ(其々、御嬢様言葉)」として、テレビ等で使われてる言葉が「山の手言葉の一部」です。

 

まだ、京都語が日本の標準語で在った時は、「江戸の上流階級」は京都の言葉を真似為てたと言われてます。

 

なので、現在でも「有難うございます」等、京都の活用を残した物が残ってたりします。

本来なら、「さむい ↬ さむ、ありがたい ↬ ありがた」ですが、挨拶の時丈は「ありがとう」と京都の活用(したい ↬ しとう、あつい ↬ あつ等)に為ってます。

 

又、山の手言葉は上流階級が話す言葉で、逆に東京(江戸の頃から)の庶民が其れ迄話してた言葉は「江戸語」と言われてます。

 

此の江戸語は例えば、「したい(母音あい) ↬ してえ(母音ええ)」等と変化を起こす事が代表的です。

現在では、主に男性が「タメ口」として「男っぽさ」を演出為たい時に使われてますが、元々は男女問わず話す物でした。

 

余談だが、してん(ぬ)」等は「して」自体を否定活用させた物で、「してない」等は「してはいない」の略であり、前者を東日本語で使っても可笑しくはない。

(時々、前者を「関西語、古語」だと思ってる人が居る。唯し、してへん」等は西日本語

(京都、大阪じゃ言い難さから、「ぬ ↬ ん」に変わる)

 

其れから、日本は徹底的な「標準語矯正」ならぬ「標準語強制」を創めてきます。

 

まず、各地方(京都で在ったかは謎)其処の言葉を話した生徒には「「方言札(侮蔑的な意)」を首等に提げさせて、廊下に立たせる」等のが始まりました。

 

併し、此の強制も長くは続かなかった様です。

上京為て来た他県の人達が「言葉を笑われた」という理由での「自殺」が可也増えたからです。

 

其の事も在って、各県(特に近畿)では、「山の手語(新東京語でも共通)の、~ よ~ だ~ ね」等の語尾を使わない「反対運動」が起こり始めました。

 

それで、日本が米国に敗戦して「軍隊」を解体し「自衛隊」と変更した辺り(「非核三原則」を掲げた辺り)に日本は「標準語」という物が法律上初めて無く為りました。

 

ですので、現在の日本に「標準語」という物は、正式に存在しません。

 

併し、若し貴方が新東京語を「標準語」だと思ってるなら、其れは間違いです

例え、「親や他の大人」に其う教えられたとしても、逆に教えて挙げるべきです。

「もう、日本に標準語は無いよ」と。

 

で、標準語が無く為った後に、「認知的(如何に知られてるか)」で優勢に立ってった言葉は当然「テレビ、新聞等の公共機関で聞かれる言葉」に為ってく事に為りました。

 

其れから、「大阪語」が漫才等でテレビで聞かれる機会が増え、山の手言葉に大阪語が頻繁に加わる様に為りました。

又、標準語が無く為り上京為る者も各地から増え、言葉を馬鹿に為れる事も無いので、其々の言葉が徐々に山の手言葉に混ざってく様に為りました。

 

 

其して、混ざりに混ざった結果の現在の東京やテレビ等で話されてる言葉が

元の山の手言葉とは大分変わった「新東京語」と学者の間では呼ばれてる物です。

 

其の他に「共通語」という呼び方も聞きますが、此の呼び方は「共通 = 標準という言葉を連想させる」という事から反対する者と、飽く迄「各地方でも共通で意味が通じる言葉」を含めた総称だという学者も居て、現在の所大きく分けて二つの考えが在ります。

 

因みに、私は前者の考えを推してるので、「共通語」という呼び名は使いません。

 

唯、依然として「新東京言葉」の定義は「先(さっき)話した混ざった結果の物」という一つしか無く、意見が分かれる事も無いので、其方の方が呼び名として現実的だと思います。

 

つまり、江戸語も又、京都語と同じ様、若しかしたら其れ以上存在が危うく為ってしまってる言葉の一つです。

 

私の予想ですが、「此の先日本で残ってく言葉」は優位順にいくと、

「大阪語 = 新東京語 > 京都語」、又は混ざる現象が進みに進んで、

混じり気の多い大阪語が何時しか半数を超えて「大阪語 > 新東京語 > 京都語」

に為るかも知れません。(「単語や言い回し」丈なのか、「抑揚」も混じるのかは謎)

 

私には悲しい現実ですが、京都語「美しさに惹かれ私の様に学ぶ者」

「元の話者が同じく魅力を京都語を残そうとしてる」かの何方です。

 

京都は元々、「保守的」とされ、反対に大阪は「開放的」と歴史的に言われてきました。

 

此の儘、何方にせよ京都語を残そうと為る者が増えない、又は、テレビ等で大阪語の様に使われる機会が増えない限り、此の優位性は変わりません。

 

若しくは、私の様な人の死後に後継者が減るのであれば、他県の略忘れ去られた言葉と同じ様な道を辿る事に為るでしょう...。

 

将来は、「曽て話者が存在した」という風に「Wiki Pedia」等に書かれる日が来るのかも知れません(泣)。

 

京都は、此の歴史的に続く保守的態度が「外国人の訪問」が多分

東京と同じ位、若しくは其れ因りも多いので、其れが幸いして、「海外の開放的な価値観」が浸透して外国人が京都語を使い始める、又はテレビ等でも話者が増えたなら、「京都語 > 大阪語 = 新東京語」の様に原点回帰して他因りも優位に為る可能性も在ります。

後、「京都語 = 大阪語 > 新東京語」と、昔と同じ様に西言葉が優位に為ったなら、其れは其れで面白い事です。(歴史は繰り返す)

 

私は「京都語が好きだが、他の言葉も同等に残してくべきだ」と思ってるので、

「京都語が優位に為り、曽ての様に他の言葉が京都語話者から差別される様な状況」は望みません。

 

保守的(欧州で言ったら仏国)だと、優位に立った時に「此う謂事 ☝」を世界の歴史等から見てもしがちです。

 

併し、此れじゃ唯争いの歴史を繰り返す事に為り、何も学べてません。

 

私は自分でもスッカリ、海外の開放的な価値観に自分自身で矯正出来たと思ってます。

正直言って、日本の「何れか一つが正しい」じゃ、相対的に他が粗末に為り其れに反発が起きるから永遠に平和は訪れませんから

「皆違って、皆良い」のです。

例えば、「大阪語は少々、響きがキツイ」と批判する人が居たとしましょう。

正直、私も其う感じる事は在ります。

 

併し、私の口癖ですが「物事には、硬貨と同じ様に表(良い面)と裏(悪い面)が必ず存在します」。

其々の大きさに差が在ったとしても、片方が存在しない物事は絶対に存在しません。

此の例を先(さっき)の事で使うなら、私は此う言うでしょう。

「確かに其う感じる事も在る。唯、大阪語は開放的で喋ってる人を自由に為て呉れる様な感じが為る」と言う事でしょう。

 

此れは、他の言葉で在ったとしても同様です。

 

「物事 ↬ 人の性格」等とも置き換える事が出来、万物に共通してる事です。

 

皆違い、皆良いのです。

 

世界が此の考えを表面丈でなく、心から持てたなら本当の意味で世界は平和に為る事と思います。

 

じゃあ、( ´Д`)ノ ~バイバイ

 

 

~ 御撒☆ ~

 

- 山の手語に混ざってる身近な単語集(一部)

漢字 : 読み (説明)

例 : 

 

超 ~ : ちょう (静岡語から入ったと言われてる)

例 : 凄い。

 

滅茶 ~ : めっちゃ (千九百八十年代に、テレビの大阪語漫才の影響で「滅茶苦茶」の略として広まった)

例 : 滅茶大きい!。

 

~ じゃん (か)  (神奈川語から入った)

例 : 其うじゃん (か)

 

~ し (※「為て」の略じゃない)  (京都語から入った)

例 : 其うだね~。

 

有難う : ありがとう (江戸時代に京都語から入った名残)

例 : ~ 為て呉れて、有難う!。(本来の活用なら「ありがたく」)

 

御 ~ : お、ご (〃)

例 : 酒、


~ さん(人物以外) (☝〃、京都語から入り、違う意味で使用されてる)

例 : 御稲荷さん(食べ物)(元の京都語だと、「さん、はん」は常に「様」の意味に為り、漢字も「様」で、新東京語とは意味が違う)

 

~ ちゃん(人物) (大阪語から入り、☝〃)

例 : 愛称で付ける(男性も可) (元の大阪語だと「ちゃん」は常に「様」〃☝)

 

私(一人称) : あたし(京都語から入った)

例 : は~ と言います。(京都語として使っても間違いじゃないが、現京都語だと、私(あて、わて)の方が使われる)

 

私(☝〃) : あたい、わたい (☝〃)

例 : 〃 (〃☝ 主に時代劇で男勝りな女性が使うが、京都語じゃ私(わたし)と全く同じ意味)

此んサイトに揭載爲れたはる文章内容ん著作権、筆者ん「眞の現実主義者 以下 うち」全保有爲てんので「商業利用ん転載」壹切禁止。又、「商業利用転載」発見爲た場合、最初警告。警告爲て「壹週間以内」に従へん場合法律的対處。其やかて、「商業利用」違う場合、「引用」転載可能。記事ん内容に「法律的問題」在りよる場合「書手情報」ん連絡先依り連絡可能。此んサイトで使用爲てる畫像像特に記載在らへん限り、「Google 畫像検索」からん「引用」。其でからに、「引用畫像」ん著作権元ん権利者全保有爲てる。若しも、「引用畫像」に「権利問題」有りよる場合、問題畫像使用爲れてる記事に「書込」、或は「書手情報」ん連絡依り連絡可能。