「※ 御報 ※」
貴方ん「フラウサ、携帶」「弘告不效化」に關爲る「擴張機能、アフリ」動作爲とるし、記事表示爲る事出來爲ん。
「フラウサ(クウクル、インタアネツト衣クスフロオラア)、携帶(アフリ管理)」とかん設定從「擴張機能、アフリ」不效化爲て再讀込爲たら覧れるえ (´・ω・`)
Veuillez desactiver votre bloqueur de publicite XD.

Script_B: document.write(''); - Anti AdBlock Plus - - Block AdBlock -

~ 「自力て綺麗ん爲る方法」 と 「其他」 ~

本質突いた方法御爲為はつたら、 「今、 此瞬閒」 因りヤ希と好う爲らはる筈。 「美容、 倭言葉、 亰(都)談(話)、 佛言葉、 御人ン種、 物ノ察方」 ん就いて、 本音て書いて申ふ。 「(少なし)簡略日本語(略字略仮名遣い)、 ”旧”標準語 / (多し)傳統倭言葉(歷漢歷假名遣)、 亰談」 ※ 此電板 「畫面解像度 千二百九十 × 九百六十」 已上位且 「電視器廓大率 百七十」 已上位やと、 文字サラ〳〵爲すん本文も恰度懿う收り申つせへ。

〜 (旧標準語) 「東京語」 と 「”旧“標準語」 の違い 〜

※ 一度出た読仮名(ヨミガナ)は、 其(ソ)れ已降(イコウ) 「活用単位」 で省略為(サ)れ申(マ)す。 ※

 

今日は、 皆様(サン)普段為事(シゴト)や生活の中で、「標準語、 共通語、 方言、 訛(ナマ)り」 って云(ユ)言葉を耳へ入れると思い申(マ)す。

じゃ、 其の区別や歴史は何が正しく御坐(ゴザ)い申為(ショ)うか。

抑々(ソモ/\)、 「正し」 とは何で御坐い申為うかね、、、。

其れに興味が有る人成(ナ)ら、 此(コ)の記事は心の靄(モヤ)(ハラ)す助けに為(ナ)るんじゃと思い申す。

 

じゃ、本題で御坐い申す。

 

「人に物事を説明為る」には、「説明為る物事を、 三倍は理解為て毋(ナ)きゃ説明は出来毋し」って言われて申す。

 

其れで、 京都語は変化や成立の歴史から、 「(大阪、東京、”旧“標準)語」と対比為て説明為れる事も多く御坐い申す。

其の点を践(フ)、 現在の共(テレビ、新聞、国立機関) や主(オモ)に寛(ユト)り世代の人達が話してる 「東京(弁、方言、訛り)」 って呼ばれる物(正確には違う(※后述(コウジュツ))に就(ツ)いて話し申す。

 

(マ)ず、 「江戸 → 東京」 って名前を変える頃(コロ)(マデ)、 昔は「京都語」が日本での 「実質的な”基準“語」 だった見た様(イ)て御坐い申す (其れで書いたり、話す事が好ましい」 と為れる)。

(タヾ) 「国家が正式には定めて居毋い状態」でも在った然(ソ)うで御坐い申す。

 

(シカ)し時代が進み、 「大阪」 が商都と為て繁栄為出すと、 京都語に替(カワ)て「大阪語」 が段々と世間への影響力を持ち始め、 博(ヒロ)く知られる様(ヨウ)に為った然うて御坐い申す (未(マ)「江戸」)。

 

(マタ)、 此の時点じゃ未だ京都語は 「実質基準語」 で御坐い申す

 

然為(ソシ)て更(サラ)に時代は進み、 日本が軍隊を創(ツク)ろうと為た際に、『戦場で 「言葉の違い」 従(カ)ら、 情報伝達が遅く為るのは困(コマ)る』って事て、 忌(イ)まわしき 「標準語」 を国が定め(ヤガ)申した。

 

其れ従ら、 其の時に『「京都語」 か 「東京語(※ 正確には「山の手語」)の何方(ドッチ)を「標準」 と為るか?』でも劇しい議論が在(ア)た見た様で御坐い申す。

 

結局、 「経済発達度」 従らか 「東京人意地」 従らか判(ワカ)り申為んが(嗤(=あざわらい))、『「山の手語」 を標準に定めよう』って事に成っちゃった然うで御坐い申して、、、。

 

其れで、『其の 「山ノ手語」 って、 一体何なのか?』って言い申すと、 「東京の山ノ手(方面)に住む、 教養(キョウヨウ)(ア)る人達(タチ)(上流階級)が話す言葉」 て御坐い申す。

 

現代でも世間に知られてる言葉だと、 「〜坐申(ザマ)(「御婦人語」と為て)、 御機嫌(ゴキゲン)(ウルワ)しゅう、 〜で御坐い申すわ(御嬢様(オジョウサマ)語」と為て)」 等(ナド)と為て番組等で使われてる言葉が、 本当は 「山ノ手語本来の言い方」 て御坐い申す。

 

土台は上流語でも、 遣(ツカ)われる中(ウチ)に変化為たり色々(イロン)な言葉が混(マジ)り、 最終的には面影(オモカゲ)程度に為っちやい申したとさ。

 

又、 面白い事に京語が 「実質基準語」 だった頃は、 「江戸の上流階級」 は京語を真似(マネ)てたらしく御坐い申すよ。

 

なんで、 現在でも 「アリガトウ」 等、 京語(正確には「関西(=西日本)語」)の活用が名残(ナゴリ)で残って申す。

(ツマ)り本来成ら、 「Arigata(k)i → Arigataku」で御坐い申すが、 名残で挨拶(アイサツ)(ダケ)は「Arigataku → Arigata_u」見た様(イ)京語の活用形 (例「Omedetaku → Omededeta_u、 Ohayaku →Ohaya_u」 ) に為って申す。

 

又、山ノ手語は上流階級が話す言葉で、 逆に庶民(ショミン)が話す言葉は、 「下町(シタマチ)語」 って言い申す (山ノ手語と比較為、 「江戸語」 とも。)

 

此の江戸語は例えば、 「Sitai → Sitee」 見た様な変化を起すのが特徴(トクチョウ)で御坐い申す。

現在じゃ、 主に男性が 「同目口(タメグチ)」 と為て 「男多然(ッポサ)(同時に「荒多然」)」 を演出為る為(タメ)に使い申すが、 元々は「男女関係毋く、 下町の住人成ら誰(ダ)れでも言う物」 で御坐い申した。

 

余談で御坐い申すが、 「Senu → Sen_」は 「する」 自体を否定活用為せた物で、 「しない」 は 「はしない」 の略形で御坐い申す。

加えて前者を東京語で使っても、 痴(おか)しくは在り申為ん (※ 時々、 前者を 「関西語、古語」 だと思ってる人を視掛(ミカ)け申す従ら (但(タヾ)し、 「して”へん“」 は関西語)。

(豆智識(マメチシキ) - 京都、大阪等の西日本じゃ、 言い難(ニ)く然従ら、 「〜ne → 〜n_、〜Senu → Hen_」へ時代と共に変化を起し申した)。

 

次に、 日本が徹底的な 「標準語矯正」 也(ナ)らぬ、 「標準語強制」 を始め出した頃の話で御坐い申す。

 

先ず各地の学校で、 「現地語を話した生徒」 には、『方言札』って書かれた木製の小板を首に提(サ)げ為せ、 教室の隅(スミ)や廊下へ立た為る」 って事を始め為せ申した (京都や大阪でも、 行われたかは不明)。

 

が、 然し乍ら、 此の強制も長くは続か毋かった見た様で御坐い申す。

(ナ)ぜ成ら、 上京為て来た人達の 「言葉を嗤(ワラ)われた」 って理由での、 自殺者が迚(トテ)も増加為た従らで御坐い申す。

 

其んな事も在り、 各県(特に鎌倉)じゃ、 東語の 「〜よ、〜だ、〜ね」 等の語尾を使わ毋い 「反対運動」 が起り始めた然うで御坐い申す。

 

然為て此の標準語は、 日本が米国に敗戦為た事で 「軍隊 → 自衛隊」 って、 名称を変えた頃(「非核三原則」 を掲げた辺り) に、『抑々、 戦時ノ為ニ 「標準語」 ヲ定メタ故(ユエ)ニ、 軍隊ガ無キ今モ定メ続ケル必要ハ非ラズ(※ 戦前の公文書風)』って事で、 正式に無く為り申したとさ。

 

なんで再度言い申すが、 現日本に 「標準語」 は正式に存在為て申為ん。

 

唯、 若(モ)し未(イマ)だに 「東京語 = 標準語」 だと思ってる成ら、 其れは 「間違った認識(ニンシキ)」 で御坐い申す。

 

例え、 「両親や学校の教師、 他の目上の人達従ら然う教わったと為ても、 逆に其れは 「間違い」 だって事を伝える可(ヘ)きだと、 私(ワタシ)は惟(オモ)い申す。

 

『既(モウ)、 今(イミ)”ゃー(=は)“自由や然故(サカイ)なあ。』

 

で、 話は漸(ヨウヤ)く現代なんで御坐い申すが、 標準語が無く為り、 「世間に博まり始めた言葉」は何かって言うと、 聴(キ)いたり視(ミ)たり為る事の多い「公共(テレビ、 新聞等)や本」 等の物に為り出し申した。

 

其れも在り、 「大阪語(正確には「吉本語河内(コウチ)語」)」が「テレビの漫才、御笑い番組、 落語(ラクゴ)」等で聴く事が増えたんで御坐い申為う、 山語が阪語に強く影響為れる様に為り申した。

又、 言葉の制約が減った事で上京為る人も増え、 更に 「他の言葉を莫迦(バカ)に為る」 見た様な風潮も徐々に減り、 各地の言葉が少しずつで御坐い申すが、山語に混る様に為り申した。

 

其れ従ら、 言葉は混りに混ざり、現在の首都圏と程度は違えどテレビ番組で話される言葉此そ、 本来の東京語従ら大分変化為た 「新東京語」 って学者間で提唱為れてる物で御坐い申す。

 

其の他にも 「共通語」 って云う言い方も耳に為申すが、 此の呼び方は『曽(カツ)ての 「共通 → 標準」 って語を連想為せる』って事で反対為る者と、 飽(ア)く迄『何処(ドコ)でも、 意味が共通で通ずる語を纏(マト)めた総称だ』って提唱為る人達も居て、 世間でも上記二つの考えが混在(コンザイ)為てる状況だと、 生きてゝ感じ申す。

 

(チナ)みに、 私は前者推(オ)しなんで、 「共通語」 って呼び名は使い申為ん。

 

後、 「新東語」 の定義は、 先話した見た様に 「混りに混った結果の産物(サンブツ)」 で、 其の解釈が学者間でも分れる事は無いと思うんで、 「新東京語」 って呼び方は最(モット)もだと惟(オモ)い申す。

 

話は変り申して、 現在、 京語は存続が危うい言葉の一つでも御坐い申す。

其れと同じく、 新東語が博まった今、 下町独特の 「江戸語」 も亦(マタ)、 京語と同程度、 或(ア)るいは其れ已上に存続が危うく為っちゃってる、 言葉の一つなんで御坐い申す。

 

此れは飽く迄私の予想なんで御坐い申すが、 「此の先、 日本で生き残つてける言葉」 の順位は、

 

「大阪語 = 新東京語 > 京都語」

 

又は、 混言(コンゲン)が更に進み、 混り気(ケ)の多い大阪語が幾(イ)つしか半分已上に為り、

 

「大阪語 > 新東京語 > 京都語」

 

見た様に為るかも知れ申為ん (仮に若し然う為ったと為て、 「語彚(ゴイ)や言い廻(マワ)し丈」なのか、 其処に「発音の強部(キョウブ)」も含むのかは気に為る処で御坐い申すね。

 

然為て、 自分の推測(スイソク)に自分自身悲しく御坐い申すが、 京語は 「美子(ウツクシ)然に惹(ヒ)かれ、 私見た様に勉強為る人」 母語者が同じく遺(ノコ)そうと為てる」 かの何方(ドッチ)か丈で御坐い申す、、、。

 

京都は元々、 克(ヨ)く「保守的」 だと言はれる一方で、 大阪は「開放的」だと言はれて来た歴史が在り申す。

 

又、 京都は 「異国人旅行者」が多分東京と同程度、 若しくは其れ因りも多いんで、 其の御蔭(オカゲ)で保守然に 「海外文化の開放感」 が入った事で話者が増える、 其れか、 外人が京語を使い始める、 又はテレビ等の影響で言葉が博がれば、 「京都語 > 大阪語 = 新東京語」 見た様に原点廻帰(カイキ)為、 逆転為る事も在り得申す。


後、 「京都語 = 大阪語 > 新東京語」 って、 昔と同じ順位で近畿(キンキ)語が優位に成ったら、 其れは其れで面白く御坐い申すね (歴史は繰り返される)。

 

然為て、 此の侭(ママ)京語を残そうと為る人が増え毋い、 或るいは、 テレビ等で聴く機会が増え毋きゃ、 順番は不動で御坐い申為うね、、、。

 

更に、 先程の人達の没后(ボツゴ)に後継者が居毋きゃ、 余処(ヨソ)の死語と似た様な道を辿(タド)る事に為っちゃうんで御坐い申為うね、、、。

 

未来じゃ、 「曽ては京都を中心に、 話者が存在為て居た」 って感じで、『Wikipaedia、 Wikitionary』等(ナンカ)に書かれる日が来ちゃうのかも知れ申為ん、、、(悲泣)。

 

最后に、 

私は『京談(キョウダン)(=京語)綺麗(キレイ)や然故(サカイ)んな、 好っきゃけどな〜、 他ん言葉もな、 同(オンナ)し様ん大切ん為てな〜、 後ん代んな、 遺す可い違(チヤ)う。』って思ってるんで、

 

京語が復(マタ)優位に為り、 昔見た様に他語(タゴ)話者が京語話者従ら、 差別為れる様な状況は望みは為申為んね。

 

保守的だと、 何(ド)うも優位に立った時に「斯(コ)う云う事↑」を世界の歴史を察(ミ)ても、 為勝(ガ)ちで御坐い申す従らね。

 

又、 此れじゃ唯、 「言語差別の歴史」 を繰り返す事に成り、 何も学べちゃー居申為ん。

 

私は自分でも、 『すっかり、 「海外の開放的で自由な価値観」 へ替えれた』って思い申す。

 

正直言って、 日本的な 「何か一つが正しい」 じゃ、 相対的に他が粗末に為り、 当然(トウゼン)其れに反対為る人も出て来る訳で御坐い申す故(ユエ)、 永遠に平和は訪れ毋く御坐い申為うねっ。

 

「皆(ミンナ)違いな、  皆懿(ヨ)う*御す(=御坐い申す)

 

例えば、 『テレビで聴く吉本語は、 少々響きが詰(キツ)』って、 批判為る人が居たと為申為う。

正直、 私も然う感じる事は聴いてゝ有り申す。

 

然し、 此れは私の口癖で御坐い申すが、

 

『物事*にゃー(=には)*(=さ/ね)、 御銭(オゼン)と同し様んな、 表(好い面)と裏(悪い面)な、 必(カンナ)ず在ってな、 其(ホ)ん其(ゾ)の大き然*(チゴ)(=違った)*斯(カ)(=と為ても)な、 片方*より(=しか)*有ら為(ヘ)(=無い)物、 在り得*為申為(ヒマへ)(=申為ん)*ね(=のよ)。』

 

此れを先の事で例えると、 私は斯う言うで御坐い申為う。

 

『慥(タシ)か*(=に)な、 然感じる事も在*ん(=り)申*ふ(=す)な〜。

唯な、 大阪ん言葉な、 何か喋ってると開放的云ふかな〜、 幾分自由*ん(=に)為れる様な気(キー)な、 為*ん(=る)*のっせ(=ので御坐い申すよ)』って言うと思い申為。

 

「物事 → 性格」 等とも置き替えれ、 万物に共通為てる事の一つで御坐い申す。

 

『皆違いな、 皆懿う御す。』

 

世界が此の考えを表面丈じゃ毋く、 心従ら持って呉(ク)れられた成ら、 本当の意味で世界は平和に為る事と惟い申す。

 

其れじゃーね〜、( ´Д`)ノ

 

御負け☆

 

- 山ノ手語に混ってる、 身近な単語輯(シュウ)

 

覧方

漢字 読み 説明

(+捕足)

 

超〜 チョウ 神奈川語や静岡語従ら流入。

例  凄し。

 

滅茶〜 メッチャ 1980年代に、テレビの吉本語漫才等の影響で 「滅茶苦茶(音写字)」 の略と為て流入

例 - 滅茶大き也り。

 

〜じゃん(+か) 神奈川語従ら流入

例 - 然うじゃん(+か)。

 

〜し (「ので、 (+だ)従ら」 へ置き替えれる用方) 京都語従ら流入

例 - 然うだね〜。

 

有り難う アりガトう (本来の関東語活用成ら、 「有り難く」 江戸時代に京都語従ら流入為た生き残り。

例 〜為て呉れて、 有り難う。

 

御〜 オ/ゴ/ミ 主に名詞の語頭に附(ツ)き、 より叮嚀(テイネイ)な辞に変えちゃう魔法的な辞の一つ。

例 - 御酒、 御飯、 御皿、 御尻 、、、


〜様 サン(※ 名詞に附ける) 京都語従ら入り、 違う意味で使用為れる様に為った辞の一つ。

例 - 御稲荷様(オイナリサン) (食べ物) 京都語より

(元の京都語だと 「様(サン、ハン)」 は常に「様(サマ)」 の意に為り、 漢字も「様」で新東京語とは意味が異(コトナ)り申す。)

 

〜様 チャン(代名詞に附ける) 大阪語従ら流入、 同略) (※ 諸説在り)

例 - 〜様

捕足 - 愛称で附ける(男性にも可)、 元の大阪語だと「様(チャン) = 様(サマ)」同略)

 

(一人称) アタシ 関西語従ら流入

例 - は〜と言い申す。

捕足 - 京都で使っても間違いじゃ毋いが、 現代京都語だと更に変化為た 「私(Watasi → _atasi (ワ行脱音) → _atahi (サ行ハ行化) → _ata_i (ハ行脱音) → _ate_e / _ata__ (聯(レン)母音長母音化) → _ate__ (長母音短縮)」 の方が使われる。

 

補足弐 - 「私(アタイ)」 は主にテレビの時代劇等で 、 「男勝りな女性」 が使うが、 関西語じゃ「私(ワタシ)」 全く同じ意味で在る。

※ 著作權に就いて※ 「內容 = 私、 画畫 = 引用元樣」。 「アマソン」へん繫、 「アマゾンアソシエイトフロクラム」使ひ。 又、 「樂天市場」へん繫 「樂天アフィリエイト」 使ひ。